カードローン 郵送物

アコムで契約した際の郵送物を合法的に自宅に届けない方法

ちょっとお金がたりないので、消費者金融からお金を借りたい。でも、自宅に契約書等が届くのは困る。そんな方もいるでしょう。ここでは、アコムでお金を借りて、郵送物を自宅に届けない方法について説明します。まず、初回の借入審査についてですが、ネットや電話でも可能ですが、無人契約機を使うことがベターでしょう。無人契約機の場合、契約が完了するとその場で契約書が契約機から出てきますので、郵送物が自宅に届くことはありません。また、不安な場合はオペレーターに相談することで、オペレーターから明確な回答をもらえるので安心できます。次に増額審査の場合ですが、これは電話でも可能です。但し、この場合も増額審査が通れば、契約書は発行されます。そのままにしておくと自宅に郵送物が届きます。それを回避するには、増額審査完了後、アコムのATMで契約内容を定められた期限内に発行することが必要となります。契約完了後、いつまでにATMに行く必要があるのか等、不明な点はアコムに確認することで解消できます。アコムではこの様な便利な機能を備えています。計画的に利用するのであれば、皆さんにとって大きなメリットがあるのではないでしょうか。この記事で参考にしたサイト「お金借りたいハピネス|土日祝・夜でも即日融資OKキャッシング

モビットを申込むと郵送物が送られてきますか

モビットには、申込方法がいくつかありますが、郵送物がないのはweb完結申込です。他の消費者金融でも、経費削減の観点や個人情報保護という点からも極力郵送物を少なくしています。しかし、現実には、申込みはインターネットから行っても、後日にカードや契約書が郵送で送られてきます。利用明細書については、web交付を利用できますが、契約時にはどうしても郵送物が出てしまいます。その点、モビットのweb完結申込は、すべての手続きがweb完結させてしまいます。ただし、申込むには、三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行に口座を所有していることが条件となります。また、web完結申込の場合は、カードレスの振込キャッシングのみの提供となりますので、カードが送られてくることもありません。モビットは、もともと店舗や自社ATMを持ちませんので、すべての面でweb化を進めています。他社のようにカードありきのビジネスモデルではない訳です。

プロミスのメリットと郵送物を止める方法の説明

プロミスは、テレビCMなどでおなじみの大手の消費者金融で多くの人に知られている消費者金融です。プロミスは、初めて利用される場合30日間無利息で融資を受けるサービスを利用する事が出来ます。初めて利用される方は大きなメリットのある会社です。しかし、プロミスに限らずキャッシングを利用する際に多くの人が家族や職場に知られたくないと考える方が多いはずです。キャッシングを利用した事を出来るだけ知られたくない人にとってプロミスでは、郵送物が届かないようにする方法があります。それには、申込をインターネットで申し込むカード発行を自動契約機で行えば申込時に届く郵送物は届きません。その後は郵便物も受け取り方法を「電子交付サービス」を選べば郵送物をストップさせる事が出来ます。プロミスのホームページから利用明細などを確認出来ますので不便はありません。但し、インターネットを利用しなければ郵便物を避けるのは難しいです。